ウォーターサーバーの軟水と硬水

ウォーターサーバーの軟水と硬水 ウォーターサーバーにも軟水と硬水の違いがあります。まず、軟水と硬水、一体何が違うのか正しく理解することがポイントです。

この二つに、どのような違いがあるかといえば、「硬度」です。硬度とは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが水1リットル中にどれだけ含まれているか、ミネラル成分量で表示されることになります。1リットル中にミネラルが多く含まれていると硬度が高く、硬水ということになり、 ミネラル成分含有量が少ないなら、硬度が低く軟水ということになります。

実際に、硬度の分類の仕方はWHO(世界保健機関)で定義されています。硬度120mg/l以下が軟水であり、120mg/l以上を硬水ということになります。ただし一般的には、硬度100以下を軟水、301以上が硬水として、 間の101から300は中硬水と呼ばれています。

実際に、ウォーターサーバーをいろいろと比較すれば、硬度の違いを体感することができるでしょう。水がまろやかだったり、重く感じるという違いをきっと感じられるはずです。そのような違いを感じれば、それが硬度、つまりミネラルからもたらされたものと考えることができます。しかし、飲み比べることは難しいため、硬度の数値によって判断することになります。

硬水の場合、やや重い口当たりがあり、苦い感じがあることもあります。軟水の場合はまろやかであり、さっぱりした飲み口となっていますので、日本人の方々が好んで求めるのは、軟水と言われています。基本日本には硬度の高い硬水と呼ばれるものはほとんど存在してません。日本人の方々は、軟水に慣れてしまっているので、硬度の低い軟水が良いと思う傾向にあります。

しかし、硬水のウォーターサーバーを選択することで、軟水にはないメリットをウォーターサーバーから得ることができることもあります。そのために、更に軟水と硬水の特徴を正しく知ることが大事です。カルシウムとマグネシウムの含有量が比較的多いのが硬水だから、飲料水や料理には適さないと感じる人たちもいるかもしれませんが、 カルシウムやマグネシウムが多く含まれているということは、スポーツ後などミネラルを補給のためにはとても適している方法として考えられます。

硬水の方が、美容や健康に関しては、優れている水なのかもしれません。更に、ダイエットにも硬水のウォーターサーバーが適していると言われています。たたし、日本人の方々は、飲みすぎに少々注意をしなければならないということを知っておくと良いでしょう。

最新ニュース